文字サイズ

タカマツペア 過去の名ペア オグシオ、スエマエ、フジカキに感謝

 「リオ五輪・バドミントン・女子ダブルス決勝」(18日、リオ中央体育館)

 女子ダブルス決勝が行われ、高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=が、デンマークペアを2-1で下し、日本バドミントン界初の金メダルを獲得した。

 金メダルの重みを胸に感じながら、タカマツペアは日本のバドミントン界の歴史作ってきた過去の名ペア、小椋・潮田組、末綱・前田組、藤井・垣岩組への思いを語った。

 高橋は「オグシオさんとは、私たちが高校生の時に全日本総合で戦って、ボコボコにやられたけど、そこから自分たちもあ~なりたいと思った。スエマエさんは北京五輪の時に世界ランク1位のペアに勝ったのを見て、本当にすごいところで勝ったんだなって思った。

 自分たちが金メダルを獲りたいと思ったのも、フジカキペアがロンドン五輪で銀メダルを獲って、自分たちも超えたい、自分たちも勝てるかもしれないと思ったから。女子ダブルスを引っ張ってきてくれた先輩たちにも本当に感謝しています」と、感謝の言葉を並べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    五輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス