文字サイズ

阪神が巨人に完勝し0・5ゲーム差

藤浪(左)と勝利のハイタッチを交わす金本監督(撮影・飯室逸平)
9回をピシャリと締め阪神・福留孝介らを迎える阪神・榎田大樹(右から3人目)=東京ドーム(撮影・田中太一)
9回阪神1死、ショートへの内野安打を放つ阪神・高山俊=東京ドーム(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「巨人2-8阪神」(5日、東京ドーム)

 今季初の伝統の一戦は、阪神が効果的に得点を重ねて快勝し、3連勝で首位の巨人に0・5ゲーム差に迫った。

 阪神は一回、福留の適時打で先制。三回、横田の適時内野安打などで3点を追加した。六回はドラフト1位・高山(明大)の2点適時打などで4点を奪った。先発の藤浪は8回6安打2失点、12奪三振で今季2勝目。九回は榎田が無失点で締めた。

 高山は六回の2点適時打に加え、初回に左前打、三回に右前打、九回に遊撃内野安打を放ち、今季2度目4安打の活躍。ヒーローインタビューでは「うれしいことですけど、こういう日もあれば打てない日もあると思うので、次の日を、あしたを大事にやりたいなと思います」と浮かれることなく話した。

 金本監督は「最後まで気は抜けなかったですけど、カードの初戦というのもあったし、去年5敗しているピッチャー(巨人・ポレダ)に勝ったのが一番大きい」と、納得の表情。高山については「新人ですかね?落ち着きというか状況判断、すばらしいですね」と絶賛した。

 巨人は先発のポレダが6回を8安打8失点と打ち込まれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス