文字サイズ

阪神・江越「被災者のためにも」

犠牲者に黙とうをささげる(左から)阪神・歳内宏明、阪神・江越大賀とご当地アイドル=西神戸センター街(撮影・北村雅宏)
3枚

 阪神の江越大賀外野手と歳内宏明投手が17日、神戸市長田区で開催された阪神淡路大震災のイベント「第12回 神戸フリーライブ『ONE HEART』」に出演。2人はトークショーを行い、震災発生時刻から12時間後の午後5時46分に黙とうをささげた。

 江越は長崎県南島原市出身。91年に発生した雲仙普賢岳の大噴火を経験した親族から、自然災害の恐ろしさを伝え聞いてきた。

 「僕らはプレーでしか勇気や希望を与えることができないけど、阪神ファンがたくさんいる神戸で起きた震災なので、より一層、被災者のためにも頑張らないといけないという思いが強くなりました。自然災害は防ぎようがない部分もあるので、今こうやって生きていることが当たり前ではないという気持ちを持ってプレーしたい」と気持ちを新たにしていた。

 阪神淡路大震災の被災地・兵庫県尼崎市出身の歳内は、聖光学院(福島)在籍時に東日本大震災を体験した。「阪神淡路大震災は記憶にありませんが、父や祖父からは近所と助け合ったという話を聞きました。福島の人たちはまだ復興(している)とかは考えられないと思う。協力できることがあれば、最大限やっていきたいと思います」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス