文字サイズ

金本監督&掛布監督、ユニホームで登場

背番号を披露し握手を交わす阪神・金本知憲監督(右)と阪神・掛布雅之二軍監督=甲子園(撮影・保田叔久)
往年の背番号を背にグラウンドに入る阪神・金本知憲監督(左)と阪神・掛布雅之二軍監督=甲子園(撮影・保田叔久)
2枚2枚

 「阪神秋季練習」(30日、甲子園)

 阪神の金本知憲監督と掛布雅之2軍監督が就任後、初めて背番号6、背番号31のユニホームを身にまとい、聖地のグラウンドに現れた。

 午前9時55分、テレビカメラ、報道カメラが待ち受ける中、2人の主役は笑顔で登場。グラウンドで待つ選手たちの輪の中へと入っていった。

 掛布2軍監督は「注目されるのは、ちょっと照れくさいねぇ。心地よい緊張感を持ってやっています」と笑顔を振りまいていた。

 金本監督は2012年の引退以来、掛布2軍監督は引退した1988年以来となるタテジマのユニホーム。ファン待望の光景となった。

 この日で秋季練習は打ち上げ。11月1日からは金本監督は高知県安芸市に場所を移して、掛布2軍監督は鳴尾浜で来季に向けて若手の育成に力を注ぐ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス