文字サイズ

連敗3で止める 福留勝ち越し弾

6回、阪神・福留孝介が右越えに勝ち越しのソロを放つ=甲子園(撮影・保田叔久)
7回、田中を三振に抑え雄叫びをあげる藤浪(撮影・保田叔久)
7回阪神2死満塁、左越え適時3点 二塁打を放つマートン(投手・福井優也)=甲子園(撮影・持木克友)
3枚3枚

 「阪神5-1広島」(3日、甲子園)

 首位・阪神が連敗を3で止めた。先発・藤浪は7回147球の熱投。2安打12奪三振9四球1失点でセ・リーグ単独トップの12勝目(6敗)を挙げた。

 初回、マートンの通算1000安打となる中前適時打で1点を先制。1-1の六回は福留が右越えに19号ソロを放ち勝ち越し。七回は2死満塁からマートンが左中間を破る走者一掃の3点二塁打を放った。

 お立ち台には打のヒーロー2人が上がった。阪神に移籍後、初の4番として結果を出した福留は、「4番目の打者として打席に行きました。(決勝本塁打は)晋太郎がすごく頑張っていたので何とかしてやりたかった。手ごたえは良かったが、甲子園は広いのでちょっと心配になった」などと振り返った。

 来日6年目でプロ最速の1000安打を放ち、この日は3安打4打点と活躍したマートンは、「たくさんの人に感謝したい。毎試合出してくれた(前監督の)真弓さん、和田さん、チームメート、球団関係者、家族、皆さん」と感想。隣の福留も「彼とはカブスで一緒にプレーしたが、すごいことだなと思う」とたたえた。

 広島は0-1の五回、菊池の適時打で同点。先発・福井は七回途中8安打5失点で5敗目(9勝)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス