文字サイズ

メッセ&ゴメスのヒーローインタビュー

お立ち台でゴメス(右)と肩を組むメッセンジャー(撮影・棚橋慶太)
好投するメッセンジャーに手を叩いて応援する渡辺謙(撮影・持木克友)
2枚2枚

 「日本シリーズ第1戦、阪神6-2ソフトバンク」(25日、甲子園)

 阪神の投打のヒーロー、メッセンジャーとゴメスのヒーローインタビューは次のとおり。

 -どんな気持ちでマウンドに上がった?

 メッセ「大事な試合は分かっていた。そこで投げられるのは非常に光栄なこと。ゴメスの活躍もあって勝って良かったです」

 -初回を三者凡退に打ち取った。

 「最初のイニングはとても大事。三者凡退にして早くリズムよく攻撃に移りたかった。それができて良かった」

 -スタンリッジと投げ合いだった。

 「相手投手と対戦するわけでない。打者と対戦するだけ。自分の投球に集中していた」

 -ゴメスの先制打はナイスバッティングだった。

 ゴメス「アリガトウゴザイマス」

 -先制打は?

 「チャンスだったからランナーをかえせるように自分の打てる球を待って打席に入りました」

 -メッセンジャーは、どうやってそのゴメスを迎えた?

 メッセ「ハイタッチで大歓迎しました。あのヒットで非常に楽に投げられました」

 -次の適時打も大きかった。

 ゴメス「あの場面はチームも追加点を欲しかった。リラックスして打てる球を待とうという気持ちでした」

 -絶好調だ。

 「自分の仕事をしっかりしようと心掛けている。ただ、それだけです」

 -明日の試合に向けて。

 メッセ「チームの雰囲気は最高。この雰囲気のまま戦って明日も勝ちたいと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス