文字サイズ

虎サヨナラ勝ち!中畑監督が退場

9回、サヨナラ打を放ちナインから手荒い祝福を受ける今成(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「阪神4‐3DeNA」(2日、甲子園)

 阪神がサヨナラ勝ちで、連敗を「2」で止めた。

 1点を追う九回、1死からのゴメスとマートンの連打などで満塁とすると、今成が左前2点打を放って勝負を決めた。

 先発のメッセンジャーは、初回に2死満塁から2者連続となる押し出し四球を与えるなど3失点。ただその後は立ち直り、二回以降は無失点に抑える力投で、8回7安打3失点で降板した。

 九回に登板した安藤が、1回無安打無失点で6勝目を挙げた。

 サヨナラの場面で、二塁走者・マートンが決勝のホームへ突入したタイミングは微妙だったが判定はセーフ。激高した中畑監督はベンチを飛び出し、球審に対して猛抗議。アウトを訴えたが、退場処分となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス