文字サイズ

阪神4連勝 初先発・金田が4勝目

お立ち台でウイニングボールを手に笑顔の金田(右)と福留(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「阪神5‐4中日」(21日、京セラ)

 阪神が連勝を4に伸ばした。プロ2年目で初先発の金田は5回4安打2失点で4勝目(0敗)を挙げた。

 0‐2の二回、福留の5号2ランで同点。三回は無死二、三塁からゴメス、マートンの連続適時打で2点を勝ち越した。六回は1死満塁から三塁・エルナンデスの本塁悪送球で1点を追加。

 ヒーローインタビューのお立ち台には鹿児島県出身の2人、金田と福留が上がった。

 初先発で勝利投手となった金田は「初めてなんで緊張しました。(同郷・福留の援護で)助かってます。初回は緊張しましたが、その後を抑えられて良かったです」と感謝と喜びを表した。

 福留は「(金田に)緊張してるかと聞いたら、初回にホームランを打たれて緊張が取れました、と言っていたので、大丈夫だと思った」と、後輩を気遣った。

 中日は3連敗。初回、ルナの14号2ランで2点を先制。先発・カブレラは5回9安打5失点(自責2)で7敗目(5勝)。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス