文字サイズ

メッセンジャー完封で阪神連敗ストップ

見事完封勝利をあげナインと笑顔でハイタッチを交わすメッセンジャー=甲子園(撮影・持木克友)
3枚

 「阪神1‐0巨人」(11日・甲子園)

 阪神が1点を守りきり、連敗を「4」で止めた。先発のメッセンジャーは9回4安打完封で、3勝目を挙げた。

 メッセンジャーは立ち上がりから球威があった。一、二回は三者凡退。三回は2死から投手・菅野に四球を与えたが、1番・坂本を遊ゴロに打ち取った。五~七回も安打の走者は出したものの、後続を抑えた。八、九回は3人ずつで仕留めた。

 打線は二回、ゴメス、今成の連打で無死一、三塁とし、福留凡退の後、鶴岡が中前へ先制打を放った。

 試合後のヒーローインタビューにはバッテリー2人で登場した。「ここのところボールが高く浮いて痛打される場面が多かったので、低め低めに投げようと意識した」とメッセンジャー。決勝打&好リードの鶴岡は「(打球の)当たりはよくなかったですけど、飛んだコースがよかった。打たないとランディ(メッセンジャー)に怒られるので、打ててよかったです」と笑顔で振り返っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス