文字サイズ

阪神、広島と並び20勝 関本が決勝打

ヤクルトに勝利しハイタッチを交わす阪ナイン=神宮(撮影・会津智海)
3枚

 「ヤクルト1‐4阪神」(4日、神宮)

 阪神が連敗を2で止め、デーゲームで勝った首位広島とともに、今季両リーグ一番乗りの20勝目(12敗)を挙げた。

 阪神は巨人と入れ替わり、2位に上がった。二回1死からマートンが二塁打で出て、2死後に梅野の投前ゴロをヤクルトの先発・ナーブソンが一塁へ悪送球して先制点。

 1‐1の七回は1死から梅野が左中間二塁打で出て、2死後に代打・関本が中堅越えに適時二塁打を放ち、勝ち越した。九回は代打・今成が右翼へ1号2ランを放った。

 今季初先発の鶴は6回5安打1失点で1勝目。七回を安藤、八回を福原が抑え、九回は呉昇桓が締めて7セーブ目(1勝)を挙げた。

 ヤクルトは今季20敗目(10勝)。二回2死一、二塁から中村が左線へ同点の適時二塁打。ナーブソンは7回6安打2失点(自責1)で2敗目。

2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14
2022-07-13
2022-07-12

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス