文字サイズ

落ち込むGK海堀を大野がフォロー

 日本-オランダ 後半、セーブするGK海堀=バンクーバー(共同)
3枚

 「カナダ女子W杯・1回戦、日本2-1オランダ」(23日、バンクーバー)

 まさかのミスで失点したGK海堀あゆみ(INAC神戸)を、FW大野忍(INAC神戸)がフォローした。

 後半ロスタイム2分、オランダFWファンデフェンがエリア内、ゴールまで約10メートル地点から放ったワンバウンドのヘディングシュートを、海堀は胸で止めようとした。しかし、後ろにそらしてしまいボールはゴールに入ってしまった。

 試合中継の映像には、試合後、海堀を抱きかかえる大野の姿が映し出された。「勝ち、勝ち、勝ち。いいよ、いいよ。全然問題ない」と笑顔で握手。神妙な面持ちだった海堀をケアした。

 試合を通じて見れば、海堀は素晴らしいプレーを見せた。特に1-0だった後半30分には、自ゴールに飛んでしまった鮫島のクリアをとっさの反応ではじき返した。その後に阪口のゴールが生まれたことを考えれば、試合終了間際の失点以上に意味のあるプレーだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス