文字サイズ

神戸 DF安田が2カ月ぶり実戦復帰へ

 「ナビスコ杯・B組、神戸-清水」(27日、ノエスタ)

 B組2位の神戸は26日、神戸市内で同7位清水戦に向けた前日練習を行った。他会場次第では、決勝トーナメント進出が決まる。

 右太ももを痛めていた元日本代表DF安田理大(27)がミニゲームに合流。左サイドから切り込んでシュートを決めるなど、約2カ月ぶりの実戦復帰に向けて仕上げた。戦線離脱中は「サッカーを見まくった」とイメージトレーニングをしていたことを明かし、「(試合では)100%自分ができることをやる」と宣言した。

 ネルシーニョ監督は経験豊富なサイドバックに対し、「ベンチスタート」としながらも「30分はフルパワーでやれる」と、切り札としての起用を示唆した。

 23日の山形戦では守備陣が相手の猛攻に耐え、勝ち点3を手に入れた。中3日というハードな日程ではあるが、守備の要・日本代表候補DF岩波拓也(20)は「借りを返せるチャンス」と10日のリーグ戦で「1-2」の敗戦を喫した相手に雪辱を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス