文字サイズ

5年で千試合に八百長疑惑監視機関の調査データ

 【ロンドン共同】スポーツの八百長問題を国際的に監視しているスポーツレーダー社(本部・スイス)の調査データで、過去5年に各国1部リーグの約千試合で八百長の疑いがあることが分かった。23日付英紙デーリー・テレグラフが報じた。

 スポーツレーダー社はイングランド・プレミアリーグや欧州チャンピオンズリーグ(CL)など年間約4万試合を監視し、2009年5月から14年11月まで997試合で八百長を強く疑われるケースがあったと指摘。トップの1部が八百長のターゲットになりやすいと分析。

 同社の監視システムの指摘により、これまでに90人以上が逮捕されて19人が有罪判決。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス