文字サイズ

美人ボクサー・高野人母美が引退宣言

6・6が最後の試合と表明した高野人母美
1枚拡大

 東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者・高野人母美(28)=協栄=が18日、都内で行われた次戦の発表会見で引退を表明した。試合は6月6日、後楽園ホールで、元韓国女子バンタム級暫定王者・李恵林(韓国)とノンタイトル6回戦を行う。

 高野は笑みを浮かべながら「勝っても負けても今回の試合でラストにしたい。ボクシングは楽しみでやってきたけど、人生の自分の時間を人に左右されるのはちょっと違うかな、と。指図される自分がイヤで、ボクシングをやりたいから、やりたくないになってきた」と説明。「指図」が具体的に何を意味するかについては「今は言えません」とした。

 この日は金平桂一郎会長が海外出張で不在。突然の高野の引退表明に、ジム関係者、所属する芸能事務所関係者も驚きを隠せなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス