文字サイズ

好川菜々、世界前哨戦で夫がセコンドに

水素を吸入する好川菜々(右)と川口勝太(左)。中央はいしきり整骨院の下園直宏院長
2枚

 「ボクシング・女子フライ級8回戦」(29日、堺市産業振興センター)

 美女ボクサーで元東洋太平洋女子ライトフライ級王者・好川菜々(37)=堺東ミツキ=が29日に世界前哨戦をサオチエングライ・シットクルパルチ(タイ)と行うことが11日までに決まった。クリアすれば、今秋にも世界再挑戦する予定だ。

 何よりの発奮材料は夫の野上真司氏(41)が初めてセコンドに付くことだ。野上氏は13年1月、虚偽の申請をし、海外でJBC非公認の地域タイトルに挑戦させたとして、JBCよりセコンドライセンスを取り消された。周囲の尽力もあり3月12日、3年ぶりにライセンスが回復された。

 好川は「2人が一番望んだ形がかなう。そこが私にとって大きい」と、愛する人を前に目を輝かせた。

 昨年4月29日にはプロ5戦目で初の世界戦に挑み、WBA女子世界ミニマム級王者・アナベル・オルティス(メキシコ)に判定0-3で完敗。ちょうど1年後の同日に行う再起2戦目に闘志がみなぎる。

 アマチュア時代は全日本女子で3階級制覇したエリート。プロデビューが35歳と遅かっただけに、敗戦後は進退にも悩んだが、野上氏と昨年7月7日に結婚届を提出し、再出発した。

 プロ入り前に立てた3つの誓いがある。「ワンパンチKO」「野上のライセンスを回復させること」「世界王者」。2つはかない、あとは夫とともに頂点を目指すのみ。「あと一つかなえたい」と今年中の世界奪取へ気合は十分だ。

 年齢も37歳。疲労回復への対策もバッチリだ。この日は東大阪市の「いしきり整骨院」で水素の吸入を行った。アンチエイジングや美容、ダイエットにも効果が高いと今、話題の水素。アスリートにも効果は高い。

 元スポーツトレーナーで同院の下園直宏院長はアマチュア時代から10年近く、好川の体調面を支えてきた。「スポーツ選手が激しい運動をすれば、体の中に活性酸素がたまる。疲れは取れにくくなるし回復も低下する。活性酸素が水素と結びつくことで、水となり、水とともに毒素が排出される」と説明。今は好川に週に2度の水素吸入を施している。

 「化粧の乗りが違う。これは女性にしか分からないと思うけど、それが一番、効果を感じる」と好川。人妻となった元祖美女ボクサーが美でもボクシングでも、まだまだ負けない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス