文字サイズ

新人のUN王者・磐城またも“失神勝利”

ベルトを防衛した磐城=後楽園ホール
将火怒(左)にエルボーを見舞う磐城=後楽園ホール
将火怒(下)にムーンサルトプレスを見舞うKAMIKAZE 右奥はベルトを防衛した磐城=後楽園ホール
3枚3枚

 「ゼロワン」(11日、後楽園ホール)

 5月デビューながら、早くもUN王者となったゼロワンの磐城利樹が11日、またも“失神勝利”で初防衛に成功した。9月にKAMIKAZEに挑戦し、流血でダウンしながら反則勝ちでベルトを手中にした磐城。この日の後楽園大会でも将火怒に防戦一方で、強烈なラリアートでもうろうとなったところを、とどめの首塚(ルシファーズハンマー)の態勢に捕獲された。

 しかし、ここでなぜか場内が暗転。悲鳴の中、この日、次期挑戦権をゲットした“磐城憎し”のKAMIKAZEが、将火怒にムーンサルトプレスを敢行した。レフェリーが気付かないままKAMIKAZEが去ると、磐城が気力だけでカバーにいき、カウントスリー。ベルトを死守した。

 何もしないままの防衛に磐城は「自分が押された場面が多くて、何で勝てたかよく分からない」と首をかしげた。次期防衛戦は11・1新木場。「ベルトを奪ったKAMIKAZEとなので、今度こそ自分の力でスリーカウントを取って見せます」と気合を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス