文字サイズ

征矢学がW-1王者に輝き2冠王

ベルトを奪取した征矢=後楽園ホール
1枚拡大

 「プロレス・WRESTLE-1」(21日、後楽園ホール)

 WRESTLE-1タッグ王者の“ワイルド”こと征矢学が、後楽園ホール大会でKAIを下し、WRESTLE-1王座を手にした。KAIのバズソーキック、パワーボムなどで土壇場まで追い込まれたが、最後はワイルドボンバー4発をたたみ掛けて勝利をものにした。

 2冠王に輝いたワイルドは、KAIに対し「お前はエースじゃない。負け犬だ」と厳しく宣告。一方で、WRESTLE-1 GPトーナメントも制して勢いに乗るが、会場からの「エース」コールに「自分でエースというのはおかしな話なんで、お客さんが判断してくれ」と謙虚だった。

 ベルトにはどん欲だ。「ワイルドでベルトを制覇する」と掲げ、10月9日・後楽園ではチームとして2大王座を取りに行く。UWA世界6人タッグは葛西純&AKIRA&熊ゴローに託し、自身はお笑いタレント・スギちゃんとF-1タッグ王者決定戦に出陣する。3冠を目指す征矢は「スギちゃんとF-1を取ります!ワイルドで行こうぜ」と力強くアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス