文字サイズ

新王者KAIに異例のブーイング

ベルトを取り戻したKAI=後楽園ホール
新チャンピオンになったKAI(左下)を全員で攻めるレッスルの選手達
2枚2枚

 「WRESTLE-1」(12日、後楽園)

 KAIが鈴木秀樹を下し、WRESTLE-1王座に返り咲いた。ベルトを流出させた張本人が奪回に成功したものの、異例のブーイングが渦巻いた。KAIのマイクもことごとく裏目。女性ファンから厳しい言葉を浴びせられ、会場中に“伝染”した。

 「やっとベルトをWRESTLE-1に取り返すことができました」

 「ちゃんと守ってよ!」

 「きょうからスタートで防衛回数を重ねます。何回負けても食らいつく」

 「負けないで!」

 「次の防衛戦は必ず…」

 「絶対だよ!」

 「負けちゃったらすいません」

 「ブ~」

 「勝負は分からないでしょう」

 「ブ~」

 「ちょっとおかしいですよ、皆さん。最後に勝てばいいんですよ」

 「ブ~」

 その後、この日の出場選手21人がKAIを標的に集結。河野真幸からも「この状況がどういうことか分かるか?先輩も後輩も全員、てめえがチャンピオンというのを認めてねえんだ」と追い打ちを掛けられた。

 新王者はすべてを受け止めた。バックステージでKAIは、大ブーイングについて「(鈴木への)流出はオレのせい。負けたときから覚悟はしてた。ブーイングはオレに対しての期待の裏返し。興味がなかったら、ブーイングすら起きない」と前向きにコメント。「リングで言ったように勝ち続ける気持ちは持ってる。でも、人生と一緒で勝ち続ける人はいない。負けても負けても立ち上がっていくのがオレだと思ってる。声援を大きくさせるよう戦い続ける」と力強く言い切った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス