文字サイズ

宮根誠司、ジャガーの蹴りで骨にヒビ

 人気キャスターの宮根誠司が28日、昨年非公開で行われたプロレスラー・ジャガー横田の『結婚記念試合』でジャガーのあびせ蹴りを食らい、ろっ骨にヒビが入っていたことが分かった。この日、都内で行われたジャガーの38周年記念大会に来場した宮根が、持参したVTR映像で明らかにした。関係者によると、昨年12月ごろに行われた同イベントでジャガーと夫の木下博勝氏が対戦し、夫妻と親交の深い宮根はレフェリーを務めた。映像には、負傷の瞬間も収められていたという。

 この日、宮根の前でジャガーは井上京子と組み、ヒールのブードゥー・マーダーズ(VM)のTARU&“brother”YASSHIと男女で対決。負傷に恨みを持つ宮根はVMのセコンドにつき、『ジャガーが負けたら、VM入り』を条件に試合開始。フォークを手にエプロンに上がるなど、キャスターらしからぬ動きで暴れ回ったという。なお、試合はジャガーがYASSHIを丸め込んで勝利。若手への不満を明かし、宮根&VMとの合体が浮上した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス