文字サイズ

高須院長の幻馬名、申請されておらず?

 高須クリニックの高須克弥院長(69)が、持ち馬の名前を日本中央競馬会(JRA)に拒否され、ツイッターで馬主会を脱退すると表明した件で、フジテレビ系「ノンストップ!」は8日、高須院長やJRAへの取材を元に、そもそも馬名がJRAに申告されていなかった可能性をがあることを報道した。

 高須院長への取材によると今年5月、古くからの友人に「アメリカでいい馬を見つけたので共同馬主にならないか」と誘われ、5000万円の半分、2500万円を出資したという。

 出資に際しては自分が馬名を付けることを条件とし、「イエスタカス」「イエスタカスイエス」「イエスイエスタカス」を候補とした。しかし先週、友人から、JRAの審査を通らなかったという連絡があったという。

 「ダンシングなんとかって名前に決定しました。これで走らせますっていうから、冗談じゃない。もう全部やめてやるって怒り狂ってツイッターに書いたんです」と、高須院長は騒動のいきさつを説明した。

 しかし「ノンストップ!」の取材によると、馬名を審査、登録する「ジャパン・スタンドブック・インターナショナル」という公益法人は「そのような馬名の審査を行った事実はありません」と、登録申請自体を否定した。

 登録拒否されるのを見通した友人が最初から申請していなかったのか、あるいは…。

 高須院長が友人に「約束が違う」とクレームをつけたところ、払った2500万円は返却されたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス