文字サイズ

キムタク 舘ひろしとの再タッグ願う

「焼きそば、おいしいよ~!」と声を出しながら調理する舘ひろし=熊本県・益城町
1枚拡大

 芸能事務所・石原プロモーションが15日、熊本地震の被災者を支援するため11日から熊本県益城町総合体育館で行っていた炊き出しを打ち上げた。SMAPの木村拓哉(43)、TOKIOの長瀬智也(37)、V6の岡田准一(35)も2日目の12日から参加。午後1時30分、2時間半かけて1500人に炊き出しを渡しきり、完走した。

 先頭に立って引っ張ってきた舘ひろし(66)は「お疲れした!」と声を上げ、精も根も尽きた様子でパイプ椅子に座り込んだ。提供した炊き出しは、5日間で計6000人にカレーや豚汁、から揚げなど日替わりのメニューをのべ1万2千食。「元気食堂」の名前そのままに喉を枯らして被災者に元気を届けた。

 終了後、全スタッフに向かってガラガラ声で最後の締めのあいさつをした木村は「まだまだ、いつ何が起こるか分からない。こういう機会に出動できることがあれば参加したいと思います。そのときは、よろしくお願いします」と炊き出しでの再タッグを誓った。マイクに向かう前に思わずこけてしまい、突っ込まれるほど疲弊していた。

 長瀬は「本当にいい経験になりました。(被災者と)目と目が合うたび『ありがとう』と言っていただき、とっさに『一緒に頑張ろう』という言葉が出ていました」と汗をぬぐい、岡田は「また、うちでも炊き出しを、笑顔をもらえることをやっていければと思います」と“ジャニーズ炊き出し”に意欲を見せた。

 渡哲也(74)が昨年6月に手術した急性心筋梗塞のリハビリ中。陣頭指揮を執った舘は「精神的な疲労がまったく今までと違う」と振り返った。食中毒予防などの衛生面、調理中のけが防止…あらゆることに気を張り巡らし「小心者の私は夜中に目を覚ますことが何度もありました」と明かした。無事に終えることができ「今回は石原裕次郎さんがどっかで見守ってくれていたと思います」と安堵(あんど)していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス