文字サイズ

円楽 不倫会見で見せた人情味と神対応

 落語家、三遊亭円楽(66)が10日、写真誌「FRIDAY」に40代の一般女性・Aさんとの不倫を報じられたことを受け、都内で緊急会見を開いた。冒頭でAさんとの出会いや関係について自らつまびらかに語り、“天敵”の「FRIDAY」に対しては感謝の言葉。率直な対応、時にユーモアをまじえ、涙ながらに落語への思いを語る…。報道陣の求めに応じて謎かけも披露。会見終了後には会場出口で報道陣を見送るという、不倫会見のお手本とも言うべき人情味たっぷりの“神対応”だった。

 会見前から、事務所関係者が「質問に特に制限は設けません」と完全無制限を宣言する不倫会見には珍しいケースとなった。スーツ姿で姿を見せた円楽は「この報道で不快の念を抱かれましたら深くお詫び申し上げます」と落語関係者、「笑点」関係者、各番組のスポンサー、ファン、そして報道陣に至るまで、真摯に謝罪した。

 Aさんとの出会いが2年半前、仲間内でのゴルフの会合がきっかけだったことや、交際期間が「1年ちょっと」であることなど、補足質問がほぼ不要なぐらい細かく事情を語り「私が口説いた。浮気といえば浮気。彼女に非はない」と断言。責任をかぶった。

 妻への感謝も欠かさない。この日の衣装となったスーツが入った袋の下に「頑張れ」と記されたメッセージがあったというエピソードを明かし、目を潤ませた。さらに、Aさんに対しても、今後は男女の関係ではなく、落語を聞きに来てもらったり、ゴルフをグループで楽しんだりする「仲間」としては付き合いを続けていくと堂々と語った。

 報道陣の求めに応じて、サービス精神で「今回の騒動とかけまして、東京湾を出て行った船と解きます。(その心は)“航海(後悔)”の真っ最中です」と謎かけも披露。第一報を伝えた「FRIDAY」に対しても「お互い仕事だから」と敬意を払い、6日に直撃取材を受けた際に車に乗せてくれたことを「きったねえ(汚い)車でございましてねえ」とネタにしながらも「ありがとうございました」と感謝した。

 芸人として笑いを忘れず、神妙な釈明会見にならないよう心を砕いた。しかし、その中にあって迷惑をかける可能性がある落語関係者や、「笑点」関係者に対しては、まっすぐに謝罪をした。「噺家の世界の片隅でもいいから置いておいてくれと。これは仲間にも頼みたいし。落語会に来てくださるお客さまに不快な思いをさせたのなら、それは高座でお返ししたい」と涙ながらに語る場面もあった。

 説明、配慮、泣き、笑いのすべてが織り込まれ、しかも、会見は報道が出た当日の昼という迅速さ。非の打ち所がない“釈明会見”だった。このことに驚くリポーターの一人に円楽は「対応は誠実にしないと、『あいつ、なんだ!』と、二度裏切ることになるから」と応えていた。会見終了後、会場の出口には報道陣を見送る円楽の姿があった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス