文字サイズ

竹田会長長男・恒泰氏 疑惑に反論

竹田恒泰氏
1枚拡大

 オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長の長男、作家・竹田恒泰氏が29日、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演。2020年東京五輪招致を巡る“不正”疑惑についての竹田会長の説明について「まだ何も分かっていない」と白黒つけるのは時期尚早とした上で、「仮に百歩譲って意図的にお金をワイロのつもりで渡していたとしても合法。違法ではない」と発言した。

 JOCは、国際オリンピック委員会(IOC)で五輪開催を決める委員の票をとりまとめる影響力があったとされる国際陸連前会長のラミン・ディアク氏の息子と関係が深いブラック・タイディングズ社とコンサルティング契約。約2億3千万円を支払った。

 竹田会長は参考人で呼ばれた衆議院予算委員会で「正当業務に基づくものだった」などと主張。この日の番組では「JOCの“裏金”疑惑に関する竹田会長の説明には納得できる?できない?」のテーマで討論が繰り広げられた。

 息子である竹田氏は(1)ディアク氏が日本に投票したかどうか分からない(無記名投票のため) (2)ディアク氏にお金が渡っているかも分からない (3)そのお金がJOCからのお金か分からない、JOCがディアク氏に渡すよう指示したかも分からない--などと説明した上で「まだ何も分かっていない」と反論した。

 父の竹田会長とは「報道されている以上の話は聞いていません」とした。

 討論の中では、「2億2千万(2億3千万)の“しけた金”でオリンピック持ってこれるほど、簡単じゃないですよ」と声を荒げる場面も。また、司会の辛坊治郎氏が「気分悪いのよ。裏金がIOCの途上国から金もらってるおじさんのところにいって、1600万の時計をパリで買う…な~んか、いやでしょ」と感情論で話すと、「それだってまだ分かってないじゃないですか」と反論。辛坊氏から「なんでそんな(父親の)肩持つの?」とつっこまれる場面もあった。

 竹田氏は番組収録前に、経済産業省に自ら電話。「ディアク氏は外国の公務員にあたるのか」と確認したとし、今回のケースではディアク氏は外国の公務員にあたらないとの判断を得たとして、「不正競争防止法には当たらない。これが政府の見解です」などと説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス