文字サイズ

ベッキー涙の懺悔【一問一答(下)】

 ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27)との不倫疑惑報道で、休業していたタレントのベッキー(32)が13日に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜、後8・57)に出演。1月6日の“会見”で不倫を否定したことに「ウソはありました」と涙を浮かべ謝罪。不倫と知りながら交際を続けたことに「ブレーキがきかなかった。感情に溺れた」と心情を吐露した。【以下、中居との2人トーク全文(下)】

(中居)「好きだったんだよね」

(ベッキー)「私が(実家に行くのを)断る勇気が持てなかった。断ってしまうと、男性の気持ちが離れてしまうんじゃないかと、そこが本当に情けない」

(中居)「周りから見ると、そこがね、てめぇの都合っていうね」

(ベッキー)「ブレーキかけられなかった。ブレーキをかけるポイントはいくつもあったのに毎回かけられず…(涙を拭う)」

(中居)「立場考えろ、奥さんの立場」

(ベッキー)「はぁ」(深いため息)

(中居)「もう、好きじゃないんですか?」

(ベッキー)「好きじゃないです」

(中居)「好きじゃないです…か」

(ベッキー)「う~ん、もちろん報道が出た後、好きな気持ちがありましたし。正直、報道が落ち着いたら、何カ月後かに出会って、また恋が始まるかなという気持ちも正直ありました。けど、奥様の気持ちを知って、この罪の大きさを知って、これはダメだと」

(中居)「『こういう恋はイケない=明日からこういう恋愛はおかしいんでダメです』、そういう風になれる?」

(ベッキー)「一瞬ではなれない。もちろん、頭でまず考えて『好きじゃない、好きじゃない』って。それに心が追いついてきたかもしれないです」

(中居)「今、ベッキーは好き?」

(ベッキー)「好きじゃないです。好きではないです」

(中居)「あ~そう。すげー好きだったんだね」

(ベッキー)「う~ん、(消え入るような声で)そうですね。それは好きでした…、ごめんなさい」(涙ボロボロ)

(中居)「凄い半年だったね。テレビ見ている人いっぱいいると思うし、ベッキーのファンの子もいっぱいいるし。やっぱり誠実なイメージもあるし、そんなベッキーが不倫をしたんじゃないかな、それと記者会見も歯切れが悪かった。その裏切りは、否めないところあるよね。それを含めて見ている人に言いたいことがあったら」

(ベッキー)「ファンの皆さま、世間のみなさまをお騒がせしてしまったことを本当に申し訳なく思っています、1月に行った記者会見は、たくさんの間違いがありました。言葉を届けるお仕事をしているのにも関わらず、事実と違うことをお伝えしてしまって本当に深く反省しています」

(中居)「そうだね」

(ベッキー)「人としても、プロとしても、本当に最低なことをしてしまいました。いろいろな方々を傷つけて、裏切ってしまい、本当に深く深く反省しています。お許しはいただけないと思うんですけど、また、テレビのお仕事をゼロから頑張らせていただきたいと思います」

(中居)「今の言葉に嘘はない?」

(ベッキー)「嘘ないです、もう本当に深く反省しています。もうみなさんを二度と裏切ることがないように…本当にすいません」

(中居)「今日、話したのはすごい覚悟がいったと思うし、今後しばらく覚悟をもってね。叩かれることもあるかもしれないけど頑張ろうね」

(ベッキー)「頑張ります」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス