文字サイズ

ベッキー涙の懺悔【一問一答(上)】

 ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27)との不倫疑惑報道で、休業していたタレントのベッキー(32)が13日に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜、後8・57)に出演。1月6日の“会見”で不倫を否定したことに「ウソはありました」と涙を浮かべ謝罪。不倫と知りながら交際を続けたことに「ブレーキがきかなかった。感情に溺れた」と心情を吐露した。【以下、中居との2人トーク全文(上)】

(中居)「久しぶりだね。友達に元気だったっていうのと、ちょっと違うね。元気だった?」

(ベッキー)「元気…元気ではない…なかったですね」

(中居)「今日、1つだけ守って欲しいことは、嘘は言ってほしくない。でも言えないことがあるんなら正直に嘘をつかずに言えません、話せませんと言ってほしい」

(ベッキー)「分かりました」

(中居)「それの方がいいと思うんだよね。言えないことがあまりにもありすぎるような気がして。ベッキーは何が辛かった?何が苦しかった?」

(ベッキー)「う~ん、私は人を傷つけた立場なので、あまり言える立場じゃないんですけど…。私はこんな風に1人の女性を傷つけつてしまったという罪の大きさと、私に届く厳しい声、正直辛いものもありました。後は、多くの方々にご迷惑おかけした、多くの方々を悲しませてしまった。あ~(ため息)お仕事ができないこと、こいういう恋愛ができるのかなと思い描いていたのと現実が違ったこと」

(中居)「ベッキーの気持ちはベッキーにしか分からない。ベッキーの罪はベッキーの罪でしかない」

(ベッキー)「それだけひどいことをしてしまったので」

(中居)「何がひどいこと?」

(ベッキー)「奥様がいる男性を好きになってしまって、その奥様を深く傷つけてしまいました。仕事関係者の皆さまもそうですし、応援してくれる方々も傷つけてしまった」

(中居)「傷つけてしまったのは、1人かもしれないね。直接ね。あの会見に嘘はありましたか」

(ベッキー)「嘘はありました」

(中居)「正直に言えませんでしたか」

(ベッキー)「その男性と出会って、好きになって、2人で出かけるようになって、その後に奥様がいることを知って、でもお互い気持ちがあるのは分かっていたから、じゃ正式のおつきあいは正式に離婚してからだねとお話していたんです」

(中居)「順番が間違ったことに後で気づいたんだね」

(ベッキー)「そこでブレーキをかければよかったんですけど、『友達のままでいようね』と言いながら、何度も会って気持ちがどんどん大きくなってしまって。だから、『これは友達だもんね』って言い聞かせながら会っていったので。正直、本当に複雑なことになってしまうんですけど、記者会見で、付き合ってるという事実はありません、というのは半分(正解)…いや、“正式”には付き合ってないんです、っていう(気持ち)」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス