文字サイズ

関西テレビ謝罪「割り込み認識あった」

 関西テレビは18日、熊本地震を取材中の同局中継車が、17日朝に熊本県菊陽町のガソリンスタンドで、給油を待つ車列に割り込んで給油を行ったことを公表し、公式HPで謝罪した。また同日午後には、大阪市内の同局で企業広報担当がメディアに対し、事情説明を行った。中継車は、中継や取材素材送信の作業などで時間が切迫していた事情を説明し、「割り込みの認識はあった」としている。

 企業広報によると、中継車は17日午前7時45分ごろ、宿泊先の熊本市内から被害が大きかった益城町に向かう途中で、セルフ式のガソリンスタンドで給油。この際に、約20台が並んでいた車列の間に割り込んだという。

 同局は「被災地の皆様が多大な労力を割いておられる中で、あってはならない行為でした」と謝罪した。

 同局によると、中継車には報道記者や技術スタッフら5人が乗車。他の車で並んでいた女性から割り込みの指摘を受けたが、車内から頭を下げただけで、そのまま給油した。

 割り込みは、車列の途中に、交差している道路から左折する形で入り込んだが、同局は「事前に車列が長くのびていることは認識していた」とした。

 この模様を、現場にいたとみられる人物がツイッターで写真付きで投稿。17日午後に同局職員が発見し、同局が現場に問い合わせたところ、割り込みの事実を認めたという。

 中継車はこの日午前8時から、益城町の福祉センターで中継スタンバイし、他のスタッフの取材素材を送信する作業などがあり、時間が切迫していたという。

 またガソリン残量が少なく、その日の中継作業に支障をきたす状態だったという。同局は、災害取材などの際は、中継車の給油は夜間などに行う内規があるが、この中継車は前日深夜まで稼働し、給油機会を逃していた。

 同局は現在、この中継車と乗車スタッフを撤退させ、大阪に戻り次第、さらに社内調査を進める。

 同局が被災地に派遣している取材スタッフは約20人で、中継車はこの1台だけだったという。

 なお問題発覚の端緒となったとみられるツイッターには、中継車の写真とともに「ガソリン入れるために朝早くからたくさんの人が並んでたのに横入りされて、母が『後ろに他の人もいるので並んで下さい』て言ったのにも関わらず無視して我先にとガソリン入れてました。テレビ局だからいいんですか??もう少し考えて欲しい。」と投稿されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス