文字サイズ

愛之助の養父秀太郎 紀香に“待った”

愛之助の養父・片岡秀太郎
1枚拡大

 歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)と3月30日に結婚した女優・藤原紀香(44)が、香川・琴平町の金丸座公演の初日公演となる4月9日に“梨園の妻デビュー”と報じられていることに、愛之助の養父、片岡秀太郎(74)が“待った”をかけた。1日、ブログを更新し、紀香に初日公演に行かないよう忠告したことを明かした。

 秀太郎は、3月30日のブログで、入籍を済ませた愛之助、紀香との笑顔の3ショット写真をアップし、結婚を祝福。4月1日には「昨31日、愛之助・紀香の結婚報告会見を無事に行いました」と結婚会見についても報告した。

 その中で、「又『紀香、金丸座の初日に役者の女房お目見得』と云う記事もあるようですが、金丸座は鴈治郎さんの襲名興行、鴈治郎さんが主役です」と記述。9日から24日まで上演される同公演が『四代目中村鴈治郎襲名披露』興行であることから、「その初日に愛之助たちが騒がれては配慮に欠けるので、紀香に初日に金丸座に行くのは遠慮するように云いました。そう言うことも『役者の妻の心得』と云いましたが、どうするかは分かりません。」と紀香に忠告したことを明かし、“梨園の妻の心得”を説いたことを説明した。

 一般家庭で育った愛之助は92年に秀太郎の養子となり、六代目愛之助を襲名した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス