文字サイズ

いっこく堂 くも膜下出血の後遺症

 20日に倒れてくも膜下出血を起こした腹話術師のいっこく堂(52)が28日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月-金曜、前9時50分)の取材に対して、「噛む力が弱い、なくて…腹話術に影響があるでしょね」と後遺症に悩まされていることを明かした。

 いっこく堂は20日夜、梅酒をグラスに2、3センチ注いで飲んだことをきっかけに、迷走神経反射を起こして倒れ、その際に外傷性くも膜下出血を起こした。

 倒れた状況について、「トイレに入ろうと、ノブに手をかけたところまでは記憶があるんですが、気がついたらトイレから3、4歩のところで倒れていた。顔を触ったら血だらけで」と振り返った。

 現在は自宅で療養しているが、外傷を負った左まゆの部分に絆創膏をはっている状態。それでも、「手に後遺症はない」と人形を扱う両手には影響はなく、「声にハリがないので、発声練習をしていく」と早期復帰に前向きだった。

 迷神経反射とは、強い痛みや精神的ショック、ストレスなどが原因で急激に血圧が低下し、脳への血流が低下して失神を起こす症状。現在は食事が取れるまでに回復しているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス