文字サイズ

宇多田ヒカル、散骨した藤圭子さん偲ぶ

歌手の宇多田ヒカル
1枚拡大

 歌手の宇多田ヒカルが、彼岸を迎えて、2013年8月に亡くなった母で歌手の藤圭子さんを偲び、散骨した藤さんには墓がないことから、「海が見える所に行きたいな」とツイートした。

 宇多田は、自殺した藤さんへの思いがまだ尽きないのか、「自死遺族の方々によるブログをハシゴしていた」という。その中で、今が春のお彼岸であることに気が付いた。

 しかし、「母の遺骨は本人の希望通り散骨して、どこにもお墓はないから、お墓参りしたい時どうしたらいいのかな」と戸惑い、「海が見える所に行きたいな」と、母の遺骨を受け入れた海を、お墓代わりにイメージしたようだ。

 藤圭子さんは本人の遺志に従って通夜・葬儀は行わず、また遺骨は散骨した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス