文字サイズ

君島さん長女・蘭世惠翔が宝塚初舞台

初舞台の口上後日舞を披露する蘭世惠翔ら102期生=宝塚大劇場
初舞台のラインダンスで「102」の人文字を作りながら降りてくる蘭世惠翔ら102期生と熱唱する紅ゆずる(右)=宝塚大劇場
2枚2枚

 元女優で実業家の君島十和子さん(49)の長女・蘭世惠翔(らんぜ・けいと)ら宝塚歌劇団102期生が18日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で初日を迎えた「こうもり/THE ENTERTAINER!」(~4月25日)で初舞台を踏んだ。

 芝居の前には黒紋付きに緑のはかまの正装でずらりと並び口上を述べた。また「THE ENTERTAINER!」では、春の小鳥をイメージしたピンクの衣装に身を包み、一糸乱れぬラインダンスを披露。2番手の紅ゆずるが応援歌「FLY ENTERTAINER!」を歌唱する中、大階段での「102」人文字からさまざまなフォーメーションを作り、約5分間を笑顔で踊りきった。

 蘭世は宝塚音楽学校では演劇部門の優秀賞を受賞。卒業間際の文化祭の芝居でも主演を務めるなど将来を期待される男役。十和子さんは文化祭終了後には、「これぞタカラヅカ!といった男役を目指してもらえれば」と語っていた。

 トップスターの北翔海莉は「この4月で19年目になりますが、私が初舞台生だったのは、ちょうど宙組誕生のとき。毎日が期待と感動の日々でした」と振り返り、初舞台生にエールを送っていた。

 また初舞台の一星慧(いっせい・けい)は体調不良のため休演。復帰は未定となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス