文字サイズ

古舘氏、ショーンK詐称で謝罪【全文】

古舘伊知郎キャスター
1枚拡大

 “ショーンK”こと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)が学歴などの経歴を詐称したことが明らかとなったことを受け、16日、水曜コメンテーターとして出演していたテレビ朝日「報道ステーション」では番組冒頭、古舘伊知郎キャスターが出演取りやめを報告。事前の経歴チェックなどが不十分だったとして「申し訳ない思いです」と頭を下げ、視聴者に謝罪した。【以下、古舘氏のコメント全文】

 水曜日です。コメンテーターといえば、ショーン・マクアードル川上さん、ということになるはずだったんですが、本日からショーンさんの出演は取りやめさせていただくということになってしまいました。

 思えば去年の4月から経済を中心にさまざまなコメントをいただいてまいりましたけれども、週刊文春にショーンさんの経歴などにウソ、あるいは疑いありという記事が大きく載りまして。それに関してご本人がホームページに出ていた経歴、学歴に関しては、正しくない点がある、という風にお認めになりました。今後出演は控えさせていただく、とおっしゃいました。

 ウソがあったとするならば、それは本当にいけないことです。ただ、正直申し上げまして、同時に残念だなと思うところは正直ございます。正しいデータをもとに斬新な切り口で歯切れ良くコメントをくださっていたので、そのあたりはなっ、という風に悔しい思いもしております。

 しかし私たちどもとして冷静にとらえるならば、そのようなさまざまなところを確認できていないでここまできたということに関しては、テレビをご覧の皆様に本当に申し訳ない思いでございます。そのあたりは深くお詫びをさせていただきます。(頭を下げる)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス