文字サイズ

赤江珠緒、メッセ黒田と13年ぶり共演

テレビ大阪「アレなんでやねん!大阪人の生態学」の収録に参加した(左から)円広志、赤江珠緒アナウンサー、メッセンジャーの黒田有=大阪市内
1枚拡大

 フリーの赤江珠緒アナウンサー(41)とお笑いコンビ・メッセンジャーの黒田有(45)がテレビ大阪のバラエティー特番「アレなんでやねん!大阪人の生態学」(3月26日後6・59、関西ローカル)で13年ぶりに共演することになり11日、大阪市内で収録に参加した。

 2007年に大阪の朝日放送を退社しフリーとなり、“東京進出”したはずの赤江アナ。しかし会見では黒田に「昔は若いなりのオッサンやったが、今はガチのオッサンになった」とからかわれた。さらに「歩く姿も、昭和の柔道部のようなガニ股。変わってない」と指摘された。

 赤江も「私服も変みたいで、みんなに『ファッションモンスター』と呼ばれる」と自ら暴露。TBSラジオの公開放送に、マグロの握りずし15貫が描かれたTシャツを着て出演したエピソードなど、独自路線を明らかにした。

 しかし「大阪のおばちゃんに比べるとまだまだです」と、久々の大阪のテレビ出演で新鮮さに浸っていた。

 番組は派手好き、粉もん好きなど、大阪人の特徴のルーツを掘り下げる内容。赤江は「やっぱり大阪はすごい。素人の方々が面白くて芸人さんみたい」と感激していた。

 TBSを電撃退社した小林悠アナウンサー(30)については「連絡は取ってますが…」と多くを語らなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス