文字サイズ

サカナ山口 難聴で「右耳聞こえない」

突発性難聴で右耳が聞こえないことを告白したサカナクションの山口一郎
1枚拡大

 ロックバンド「サカナクション」のボーカル・山口一郎が1日、TBS系で放送された「情熱大陸」の中で、2010年に突発性難聴になり「右耳は聞こえない」と明かした。

 山口が突発性難聴と診断されたのは10年春。代表曲となった2枚目のCDシングル「アルクアラウンド」が収録されたアルバム「kikUUiki」(10年3月発売)のリリースに合わせたツアーの「3日ぐらい前」に、「急にめまいがし、耳鳴りがすごいし、病院に行ったら、突発性難聴になっちゃった、って(言われて)」。

 医師からは入院の必要があると診断された。しかし、山口はツアーを強行する道を選んだ。「ここでツアー延期とかしたら、もうバンドが終わるな、って(思った)。本当に、バカだったんですよ、今思えば」。入院せずにツアーを強行したことで、病状は悪化。「今はもう、右耳が聞こえないですね、ほとんど。低い音ぐらいかな(聞こえるのは)」と明かした。

 右耳が聞こえなくなったことで、前向きな変化もあった。これまで山口がやっていた細部の音チェックができなくなり、メンバーに託すようになった。音に対してメンバーの意見を聞くようになったという。

 突発性難聴とは、突然耳がつまったような耳鳴りがし、めまいや時に吐き気を感じる。原因は不明でストレスや疲労、内耳の循環不全が疑われる。音楽界では、浜崎あゆみ、スガシカオ、エレファントカシマシ・宮本浩次、大友康平らが突発性難聴を公表している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス