文字サイズ

「オトナ女子」不調理由は篠原の美貌?

 フジテレビの亀山千広社長(59)が23日、同局内で定例の社長会見を開いた。女優の篠原涼子主演の「オトナ女子」(木曜日午後10時から)について、視聴率が不調であることを受け「篠原さんが…。涼子ちゃんがあまりにも美しすぎるので、痛くないんですよね。痛くなってくれるといいなあと」と、篠原の美ぼうが不発の一因だったのではと分析した。

 「オトナ女子」は40歳前後のいわゆる“アラフォー女性”が、幸せをつかみとろうと奮闘するコメディータッチのラブストーリー。しかし、数字を見ると、ターゲットと考えている同世代の女性から共感を得られたとは言い難い状況だ。

 篠原が逆境に立ち向かう、という設定ではあるが、亀山社長にはその“逆境ぶり”が不十分に見えた様子。「(篠原さんは)美しいいし、いい女なわけですよ。あの番組のコンセプトってそうではなくて、まだまだいい女でいたいというのが出てきて、視聴者の気持ちを(つかむ)というのであれば、美しいものは傷つけられるべき」と、もっと篠原が虐げられる描写にすべきではないか、と提言した。

 「今後、そうなってくると思う」と制作陣を信頼した上で、「感情移入するためには、もっと切なく、寒空に雨に濡れるぐらいのことをしてもらはないと、(視聴者に)感情移入はしてもらえないなと。つくり手を経験した身としては(思う)」と提言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス