文字サイズ

鈴木砂羽、8月に離婚後のバツイチ役

制作発表に登場した(前列左から)吉瀬美智子、篠原涼子、鈴木砂羽(後列左から)谷原章介、江口洋介=白金アートグレイスクラブ(撮影・三好信也)
2枚

 フジテレビ系新ドラマ「オトナ女子」(15日スタート、木曜、後10・00)の番組発表会見が6日、都内で行われ、主演の女優・篠原涼子(42)、共演の吉瀬美智子(40)、鈴木砂羽(43)、俳優・谷原章介(43)、江口洋介(47)が出席。8月に俳優の吉川純広(32)と離婚したばかりの鈴木は共演男性陣の役柄にちなみ、「私は口の悪い人とは相性が悪い」と吐露。共演の江口から「そうだよね」と共感を得ていた。

 ドラマは40代の独身女性3人と男性2人が織りなす大人の恋愛がテーマ。篠原と吉瀬が結婚歴のない役を演じるのに対して、鈴木は21歳を筆頭に男子3人の子どもを持つ離婚歴のあるバツイチ女性を演じる。

 会見では、江口が演じる口の悪い偏屈な男性が好きか、谷原が演じる言葉遣いの良い社交的な男性が好きかの質問が3人の女性陣に向けられたが、鈴木は「(江口も谷原も)どっちも素敵。この2人じゃなかったら…私は口が悪い人とは相性が悪いので」と、私生活での出来事を感じさせる返答。後ろに座っていた江口から「そうだよね」の声がかかると、ほかの共演陣は一瞬口元をゆるめながらも、表情を保っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス