文字サイズ

DAIGOゴールの瞬間は34・6%

100キロマラソンを完走したDAIGO=日本武道館(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 日本テレビ系で22日から23日にかけて生放送された「24時間テレビ38 愛は地球を救う」の平均視聴率が歴代18位となる15・4%だったことが24日、分かった。瞬間最高は23日午後8時44~45分の34・6%で、100キロマラソンに挑戦したDAIGO(37)がゴールした場面だった。(数字はビデオリサーチ調べ=関東地区)

 同番組はパートごとでの視聴率も記録しており、最も高かったのは、23日午後7時から114分間放送された「PART10」で26・7%。なお、関西地区での平均視聴率は14・8%だった。

 チャリティーの募金額は23日午後8時時点で2億3726万2909円だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス