文字サイズ

V6三宅 伊東四朗の影響で礼儀大切に

 V6の三宅健が16日、日本テレビ系のバラエティー番組「行列のできる法律相談所」に出演し、タレントの伊東四朗を尊敬していることを明かした。

 三宅は1995年にデビュー。今年、20周年を迎えるとあり、芸能界を生き抜く処世術として、「礼儀を大切にする」ことをあげた。

 97年から10年間、テレビ番組「伊東家の食卓」で共演し、そのことが縁で親しく付き合うようになったという。6年前の正月、伊東宅を訪問することがあり、しかし、手土産を買うために1時間遅れてしまった。伊東宅近くの駅に着き、到着したことと遅れてしまったことを詫びる電話をかけたところ、伊東は直前まで駅で待っていたことを告げたという。自宅に着くと、伊東は三宅が1時間遅れたにもかかわらず、あたたかく迎えてくれた。

 翌日、三宅は伊東に「昨日は寒い中、お待たせして申し訳ありませんでした」と謝罪のメールを送ったところ、伊東から「気にするな。待つほうは何もつらくない。待たせてしまったお前の方が申し訳ない気持ちになってつらいはず。だから謝らなくていい」との返信をもらった。

 その日以来、三宅は「伊東のような大きい人間になろう」と決意したという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス