文字サイズ

三浦貴大 駆逐したいものは松尾諭

客席バックで記念撮影に納まる(左から)桜庭ななみ、本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ、三浦貴大=東京・お台場シネマメディアージュ(撮影・開出牧)
1枚拡大

 俳優の三浦貴大(29)が1日、都内で行われた映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の初日舞台あいさつに登壇し、劇中のセリフに絡めた“駆逐したいものは?”という質問に意外な共演者の名前を挙げた。

 他の登壇者が「弱い自分」や「あがり症」などを駆逐したいものとして挙げる中、三浦は「松尾さんですね、駆逐したいのは」とキッパリ。映画オリジナルキャラ・サンナギを演じた松尾諭(39)を指名した。

 三浦は「撮影中に体重の増加が激しくて、7、8キロ増えた。そしたら、松尾さんが『こっちに来るな!キャラがかぶるだろ!』、と。超えたい壁です」と告白。松尾自身が“駆逐したいもの”について「内臓脂肪。皮下脂肪は商売道具なので内臓の方を」と答え、両者ともに“ぽっちゃりキャラ”とあり、三浦は松尾をライバル視した。

 松尾は三浦に「こっちに来るなよ。オレとピエール(瀧)さんの方に!」と、ぽっちゃりキャラを代表して抵抗。ピエール瀧(48)が「あと樋口(真嗣)監督も(ぽっちゃり仲間)ね」とオチをつけて、笑わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス