文字サイズ

向山志穂、夫市原隼人はイクメン

ピーク時の等身大パネルと並ぶ向山志穂=東京・渋谷
2枚

 俳優・市原隼人(28)の妻でモデルの向山志穂(29)が23日、都内で行われたナノ型乳酸菌パウダー「天使の美活セット」新製品発表イベントに登場し、昨年9月の結婚&同11月の出産後、初めて公の場に姿を見せた。

 出産の直後、体重が64・5キロまで増加し、無理なダイエットでのリバウンドも経験したという向山は、同製品を使用して半年で15キロ以上の減量に成功。現在は体重46・8キロとモデル体形を取り戻しており、この日は体重がピーク時の等身大パネルと並んで美ボディーの水着姿を披露した。

 子育てと平行して、今夏にはモデル業を再開する予定。夫の市原について「基本的に(家事の)全部をやってくれます。家のことも、朝も全然」と、イクメンぶりを明かした。

 やせる前を振り返り「(市原に)『どうしたの、そのおなか?2人目いるの?』と言われてました」と冗談めかして笑った向山。だが「最近は『ホントにやせたね』って毎日言われます。『キレイだね』はないので、もう少しがんばります」とノロケた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス