文字サイズ

又吉の「火花」、今度は電子書籍に

「火花」が電子書籍化されることになったお笑いコンビ・ピースの又吉直樹
1枚拡大

 三島由紀夫賞にノミネートされ、惜しくも受賞は逃したものの高評価を受けたお笑いコンビ・ピースの又吉直樹初の本格小説「火花」が、今度は電子書籍として6月11日から発売開始される。販売価格1000円(電子書店によって異なる場合がある)。文藝春秋社が22日、発表した。同日から先行予約が始まった。

 「火花」は掲載された雑誌「文學界」が創刊以来初の大増刷となり、書籍化されると今度は増刷を重ねて既に39万部を発行、純文学としては異例のスケールで読まれている。

 今度は電子書籍化されることで、さらに若年読者層にも範囲を広げることになりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス