文字サイズ

加瀬邦彦さん葬儀 加山雄三「つらい」

出棺で式場から出る喪主・加瀬泰子夫人(手前から2人目)、後方右から長男・公貴さん、次男・友貴さん=東京・護国寺桂昌殿(撮影・開出 牧)
出棺で加瀬邦彦さんの棺を持つザ・ワイルドワンズの島英二(手前右)と鳥塚しげき(手前左)=東京・護国寺桂昌殿(撮影・開出牧)
ロッド・スチュワートの「Sailing」が流れる中、出発する加瀬邦彦さんの棺を乗せた霊柩車(手前)=東京・護国寺桂昌殿(撮影・開出牧)
霊柩車に運び込まれる加瀬邦彦さんの棺=東京・護国寺桂昌殿(撮影・開出牧)
加瀬邦彦さんの生前の姿を見ながら「旅人よ」を歌う参列ファン=東京・護国寺
5枚5枚

 グループサウンズ「ザ・ワイルドワンズ」のリーダーで、20日に死去した加瀬邦彦さん(享年74)の葬儀・告別式が28日、東京・護国寺でしめやかに営まれた。「ザ・タイガース」の岸部一徳(68)、森本太郎(68)、瞳みのる(68)、歌手・つのだ☆ひろ(65)ら関係者300人、ファン80人が参列した。

 涙ながらに弔辞を読んだメンバーの島英二(67)は、昨年2月に下咽頭がんを発症した加瀬さんへ、「発病の半年前から『声がかれる』と聞いていたから、『すぐ病院に行ってください』と言っても聞いてくれなくて…。強引にお連れしたら、今日のことはなかったかも」と後悔の念を吐露。「もっと一緒に歩いていきたかった。生きていてほしかった」と声をふるわせた。

 加瀬さんの恩師的存在である歌手の加山雄三(78)は、仕事の都合で参列できなかったが、音声メッセージで「別れはつらいよ。60年もの間、親友だったんだからさ」と哀悼。ワイルドワンズがコーラスを担当した「旅人よ」を、「この曲は君と僕のキズナのようなもの」と表現し、加山が25日のコンサートで歌った同曲の音源が“はなむけの歌声”として斎場に流れると、ファンも涙をこぼしながら合唱していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス