文字サイズ

つんく♂ がんで声帯摘出を公表

 声帯がん治療のため療養していた音楽プロデューサー・つんく♂(46)が4日、母校・近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式にサプライズ登場し、昨年10月にがん再発を公表後は初めて公の場に姿を見せた。新入生約7000人への祝辞の中で、声帯の摘出手術を受けた結果、声を失ったことを告白した。

 式の終盤、司会から紹介されたつんく♂は左手を挙げて大歓声に応えながらステージ中央に登場。首にはストールが巻かれていた。そのまま、後輩へのメッセージは大型スクリーンでの活字を通して伝えられた。

 「なぜ、今、私は声にして祝辞を読みあげることが出来ないのか…」「それは、私が声帯を摘出したからです」と衝撃の告白。「去年から喉の治療をしてきていましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他なかったから、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」と赤裸々に胸の内を明かした。大先輩の登場時にはざわついていた新入生も一気に静まり返り、スクリーンの一字一句に目をこらしていた。

 「『ああ、この大学を卒業してよかったな。こんな私がお役に立てるなら精一杯頑張ろう!』そう心に思いました。昨年末から何度も大学とメールでやり取りしたり、スタッフが伝言してくれたり、を繰り返しつつ、今日、この日を迎えました」と、母校のためにひと肌脱いだ経緯を説明した。

 「私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事を考えながら生きていこうと思います」と決意表明した。

 新入生に対しては「皆さんもあなただから出来る事。あなたにしか出来ない事。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりは無理なんだという人生が待っていると思います」とエール。「私も皆さんに負けないように、新しい人生を進んで行きます!」と前向きなメッセージを送った。

 最後の校歌斉唱はギター演奏で参加した。

 つんく♂は昨年3月にがんを公表して、タレント活動を休止。同4月の同校入学式のプロデュースを初めて担当して準備を進めていたが、式当日は治療のため出席を断念した。その後、9月25日に一度は完全寛解と発表したが、10月17日には再発を公表。この日更新したブログでは昨年10月半ばに声帯の全摘出手術を受けたことを報告している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス