文字サイズ

ももクロ妹分アイドル意識「完全回復」

緊急搬送された12歳アイドルの容態を説明し、改めて謝罪したテレビ朝日・吉田慎一社長
1枚拡大

 テレビ朝日の吉田慎一社長が24日、都内で会見し、番組収録中に意識を失い緊急搬送された女性アイドルグループ「3B junior」のメンバー(12)の意識が「完全に回復した」と報告した。退院のメドもたったという。

 吉田社長は「収録がこういう結果を招き、ご本人、ご家族、関係者におわび申し上げたい」と改めて謝罪。女児の容体について、「意識は完全に回復して一般病棟に移っている。治療を続けており、退院のめどがたった」と説明した。

 後遺症に関しては、「治療や回復の過程は、控えさせていただきたい」と話すにとどめた。

 今月4日の同局の会見では、女児の容体に関して「意識は十分に戻っていない」と語っていた。

 同局は今月6日に原因究明などを行う検証委員会を設置。女児が「大人用」と書かれたヘリウムガスが入った市販のパーティーグッズを一気に吸ったことが原因の一つに挙げられているが、原因究明には至っていない。社長は「ご本人がガスを吸ったか覚えていないと聞いておりまして、原因を特定できる状況にない。検証委員会で早急に詰めている段階」と話した。

 女児は1月28日に行われたBS朝日放送「3B juniorの星くず商事」(土曜、深夜3・00)の収録中に意識不明となった。番組は現在、休止中で今後の放送について社長は「現段階で未定」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス