文字サイズ

小林幸子 校歌の作詞 初披露で感涙

篠田昭新潟市長から「にいがた感謝大賞」を贈られた小林幸子=新潟市
1枚拡大

 歌手の小林幸子(61)が、母校の新潟市立栄小など4校が統合し4月に開校する同市立日和山小の校歌を作詞作曲し、10日、新潟市内で、初披露を行った。

 小林はデビューのため上京する小学4年まで栄小に通っていたが、同校など4校が今春統合。4月に新たに誕生する小学校のために、校歌作りに取り組んだ。篠田市長から、1年前に直接オファーを受けたという。

 自身の楽曲以外の作詞作曲を手掛けるのは、初めて。統合で消えてしまう『入舟小』、『湊小』、『豊照小』、『栄小』の4校の名前を、『ふね入るみなと 豊かに栄え』と歌詞に取り入れるなど、「折に触れてふるさとを思い出す歌」に仕上げた。

 完成した校歌を、4校の生徒380人と大合唱。子どもたちの純粋むくな歌声に、目に涙を浮かべて、「一生忘れることのできない日になりました」と感無量。「未来に向けて、明るく元気にスマイルで歌っていってください」と思いを託した。

 篠田昭新潟市長(66)からは、史上5人目で女性初の「にいがた市感謝大賞」が贈られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス