文字サイズ

年間大賞「ダメよ~」「集団的自衛権」

 今年の世相を反映した言葉を決める「2014ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンと年間大賞が1日、発表され、年間大賞には自衛権を巡る憲法解釈の議論対象として浮上した『集団的自衛権』、お笑いコンビ日本エレキテル連合の『ダメよ~ダメダメ』の2語が選ばれた。

 年間大賞の2語以外でトップテンに選ばれたのは、映画「アナと雪の女王」の『ありのままで』、広島カープが女性ファン開拓に努めたことで広がった『カープ女子』、少女漫画「L♥DK」が発端の『壁ドン』、危険認知を徹底させるため従来の脱法ドラッグの名を変え普及した『危険ドラッグ』、NHK朝ドラ「花子とアン」でお嬢様学校の日常的な挨拶として紹介された『ごきげんよう』、ハラスメントの一種として妊娠・出産女性に対する嫌がらせ、いじめとして注目されるようになった『マタハラ』、ゲームやアニメで子どもに大人気の『妖怪ウォッチ』、41歳で銀メダリストとなった葛西紀明を始めとする熟年パワーに贈られる敬称『レジェンド』だった。(50音順)

 昨年は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」の「倍返し」の4語が年間大賞だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス