文字サイズ

ハワイアン歌謡の三島敏夫さん死去

 ハワイアン歌謡の礎を築き「和田弘とマヒナスターズ」などでも活躍した歌手・三島敏夫さんが17日午後7時54分、低酸素血症のため京都府内の病院で死去したことが18日、分かった。87歳だった。02年ごろからパーキンソン病を患い、闘病生活を続けていた。葬儀・告別式は、近親者のみの密葬で営まれるという。

 三島さんは、1926年11月10日にサイパン島で生まれ、その後都内に転居。そのころにウクレレを始めた。第二次世界大戦中の43年には、母の勧めで甲種飛行予科練へ志願入隊。震洋特攻隊員として台湾で待機していたが、出撃を待たずに敗戦を迎えた。

 復員後は、バンド活動を行いハワイアンボーカルとして活動。56年には「和田弘とマヒナスターズ」にボーカルとして参加。日本のハワイアン歌謡のブームを築き上げた。

 その後は60年にソロ歌手としてデビュー。「俺はお前に弱いんだ」「面影」「人妻椿」などがヒットを飛ばし、昭和歌謡を代表する1人として活躍した。

 02年ごろからパーキンソン病を患い、自宅のある京都府内で闘病生活を続ける一方、今年に入ってからは精力的に活動をしていた。

 1月には自身のヒット曲40曲をまとめた「三島敏夫大全集」を発売。5月8日には、神奈川県内でテレビ東京系「木曜8時のコンサート」(7月3日放送)の収録に参加したが、これが最後の仕事となってしまった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス