文字サイズ

AKB岩田「東北人として悲しい」

 AKB48のメンバーで仙台出身の岩田華怜が28日、Google+上で、大好きな故郷・東北で起こったAKB襲撃事件に胸を痛めている心境をつづった。

 事件後初めてコメントを投稿した岩田は「まずは、まだ会いたいメンバーがたくさん居たのに、途中で帰されてしまったファンの皆さん、不安と心配で胸が押しつぶされそうなった全国のAKB48ファンの皆さん、今回このような悲しい事件が起こったことにより、多大なご迷惑とご心配をおかけしたこと、大変申し訳ありません。」とファンの心情に配慮した。

 そして「とにかく、ただただ悲しく、悔しいです。」とつづった。

 岩田は仙台出身で、東日本大震災の際は、自宅で被災した。

 「大好きな故郷、東北。大震災の後、AKBGのメンバーやスタッフさんにどれだけ支えて頂き励まして貰ったことか…そんな東北の握手会場でこんな悲惨な事件が起きてしまったことが、東北人として本当に本当に悲しくて………この怒りをどこにぶつけたらよいのか」と同じ東北人が起こした事件についてやりきれない気持ちを吐露。「怪我を負った川栄さん、あんにんさんにも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。」と負傷した川栄李奈、入山杏奈に対し、犯人に代わって謝罪した。

 また、2人を助けようとして負傷した会場整理スタッフのバイト男性について「必死に2人を守ろうとした勇者」とし、「彼がいなかったらきっと、2人の怪我はもっと酷いものになっていたかもしれません。被害者も増えていたかもしれません。今回のこの事件で、身体を張ってメンバーを守ろうとした、1人の勇敢な青年がいたことを、どうか忘れないでください」と訴えた。

 負傷した2人に対しては「2人は本当に仲間思いで、どんなに悲しくて辛いことがあっても、笑ってました。2人は今回、怪我はもちろん、一生消えない心の傷を負いました。きっと今だって、周りを心配させないように、無理して笑ってるんじゃないか、そんなことばかり考えてしまいます。とにかく今は、早くまた2人に会いたい。その一心です。」とGoogle+やテレビで「元気」と気丈にふるまった川栄と入山を気遣っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス