文字サイズ

橋田氏 「あまちゃん」見ずに表彰!?

 脚本家の橋田壽賀子氏(89)が、放送文化に貢献したテレビ番組や個人に贈る「第22回橋田賞」の表彰式が10日、都内で開かれた。昨年大ヒットしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が橋田賞を、主演の女優・能年玲奈(20)が橋田賞新人賞を受賞したが、橋田氏は「あまちゃん」を見ていないと仰天告白した。

 軽妙な開会の辞を述べる橋田氏だったが、W受賞の「あまちゃん」の表彰で、橋田氏の口から仰天告白が飛び出した。「すいません、私『あまちゃん』見てないんです、実は…。朝はトレーニングや水泳の時間でして」。

 橋田氏といえば高視聴率を記録し、世界中で視聴されている伝説的朝ドラ「おしん」の脚本を手がけたことで有名。しかも、今回は自身の冠がついた賞の授与での告白に、能年をはじめ、会場の報道陣も驚きを隠せなかった。ちなみに次の「ごちそうさん」は「食いしん坊なので」見ていた、という。

 橋田氏の衝撃告白には能年もびっくり。「橋田壽賀子さんに『あまちゃん』全編を見ていただけるよう、今日は身を引き締めて頑張ります!」と気合を入れていた。

 なお橋田氏の話を総合すると、再放送などで番組を見たことはあるという。

 【橋田賞各賞は以下の通り】

 ▼橋田賞 テレビ朝日「オリンピックの身代金~1964年・夏~」、NHK「あまちゃん」、同「戦場で書く~作家 火野葦平の戦争~」、同「キッチンが走る!」、脚本家・森下佳子氏、ジャーナリスト・岸井成格氏

 ▼橋田賞新人賞 俳優・綾野剛、俳優・能年玲奈

 ▼橋田賞特別賞 俳優・伊東四朗

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス