文字サイズ

「紅白」 あまちゃん続編で視聴率50%

 昨年大みそかに放送された「第64回NHK紅白歌合戦」の毎分別視聴率が6日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 瞬間最高は番組終盤の午後11時37分の50・7%で、大トリを務めた北島三郎が歌唱後に紅白50回目出場を機に紅白卒業を宣言した場面だった。またNHKによると、歌手別の2位は、大ヒットドラマ「あまちゃん」の出演陣が顔をそろえて上演された特別企画で、午後9時50分に50・0%をマークした。

 同企画は、ヒロイン役を務めた能年玲奈らが出演し「あまちゃん」の“続編・第157話”と銘打って上演。能年が橋本愛との劇中コンビを復活させたほか、母親役を演じた小泉今日子が25年ぶりに紅白に登場し、紅白初出場となった薬師丸ひろ子と挿入歌「潮騒のメモリー」をリレー歌唱するサプライズも。

 「あま」ファンの心をつかむ企画に、この間、視聴率は上昇を続け、ラストで出演陣全員で劇中歌「地元に帰ろう」を歌唱した場面で50%に到達した。

 また、ビデオリサーチ調査に基づくデイリースポーツ集計では、歌手別の3位は、紅白ステージで大島優子がグループ卒業を発表したAKB48の48・5%だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス