文字サイズ

紅白で「あまちゃん」“復活”

紅白特別企画で大集合した(左から )小泉今日子、能年玲奈、橋本愛、薬師丸ひろ子らあまちゃん出演者陣=東京都渋谷区のNHKホール(撮影・北野将市)
2枚

 「NHK紅白歌合戦」(31日、東京・NHKホール)

 紅白のナマ舞台で大ヒットした朝ドラ「あまちゃん」(全156話)の“続編”がオンエアされた。

 前半では、25年ぶりに紅白出場を果たしたヒロイン・アキ(能年玲奈)の母・春子役を演じた小泉今日子(47)らが、劇中に登場した「スナック梨明日」からコント形式で出演した。

 中盤では、ステージのビジョンに「157回『おら、紅白出るど』」とのタイトルが映し出されると、ドラマそのままのオープニング曲が流れ、まずは能年が作中のGMTメンバーと「暦の上ではディセンバー」を披露した。

 さらに「梨明日」のセットから親友・ユイ役の橋本愛を呼び込むと、橋本はアキの父を演じた尾美としのり(48)が運転するタクシーでNHKホールのステージへ。「潮騒のメモリーズ」を再結成させ「潮騒のメモリー」を披露した。

 2番は小泉、3番を紅白初出場の薬師丸ひろ子(49)が歌い継ぎ、ラストは全員で「地元に帰ろう」を合唱し、最後はアキが「じぇじぇ」の決めセリフ。時間はドラマ1話分の15分ピッタリで“放送”を終えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス